記事一覧

プラロード工法がNETIS-VR評価となりました。

軟弱地盤に最適なプラロード工法が国土交通省様の実績が積み上がり「-VR」登録の評価を受けました。

ファイル 82-1.jpg     ファイル 82-2.jpg
NETIS登録へのリンク
技術の効果の安定性を確認するため、継続調査を実施するとなっております。
今後、益々採用実績も増加されると思います。
皆様方の積極的なご採用をお願い申し上げます。

明日より建設技術フェア2016in中部に出展致します。

昨年、一昨年に引き続き建設技術フェアに軟弱地盤に最適な簡易仮設道路資材「プラロード」工法を出展致します。

開催期間:2016年10月20日(木)10:00~17:00
             10月21日(金)10:00~16:00
会場:吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)

詳しくは
建設技術フェア2016in中部

ファイル 80-1.jpg
会場設営は準備万端です。
出展ブースはD4(出口の少し手前になります。)(D:環境・リサイクル)
今年のメインテーマはCO2発生削減です。

今年、当フェアは20周年を迎えられます。
昨年は1万4000名もの来場者がありました。(入場無料)
皆様のご来場をスタッフ一同、お待ち申し上げます。

とっとり防災フェスタ2016に参加致します。

ご縁があり、とっとり防災フェスタ2016にプラロードを出展致します。
平成28年9月10日(土)、午前10:00から午後3:00まで
JR鳥取駅前周辺にて

昭和18年9月10日に発生した鳥取大地震についての風化防止と防災意識高揚を図るための市民向けの防災イベントです。

ファイル 76-1.jpg

ファイル 76-2.jpg

地震体験、3D土石流体験、災害用車両の展示 等たくさんの催しが予定されている様で御座います。
皆様の多数のご来場をお待ちしております。

中国、四国地方の皆様にはプラロードをご紹介する活動が十分できていませんでしたので、今回のイベントを楽しみにしております。
新たなる、いい出会いがあります様に。

東海農政局の新技術・工法等説明会でクロスウェーブを紹介致しました。

平成28年8月5日13:00~農林水産省東海農政局土地改良技術事務所様の平成28年度 第1回 新技術・工法等説明会に参加させて頂きプラスチック雨水貯留財「クロスウェーブ」の紹介を致しました。

水資源機構、三重県、岐阜県の職員様をはじめ民間企業様も含め50名弱が参加。

ファイル 75-1.jpg
メーカーであるセキスイテクノ成型(株)様に説明に来て頂きました。

ファイル 75-2.jpg
プラロードのイメージ図。

ファイル 75-3.jpg
会場の様子。


ご質問も多数頂き「プラロード」共々皆様により一層認知していただけたのではと思います。

ご参加された皆様、発表の機会を頂戴致しました東海農政局の皆様
誠に有難う御座いました。

子ども防災デイキャンプ 大盛況となりました。

天気が心配されましたが5月7日(土)第3回子ども防災デイキャンプが予定通り開催されました。
先日の熊本地震もあり、防災への関心が高まり参加者120名程と大盛況のイベントとなりました。

今回の企画は子どもたちに土のう作りとプラロードの組立を体験してもらいました。

ファイル 71-1.jpg
子供たちだけで組立中。

ファイル 71-2.jpg
完成し大はしゃぎ。

次に津波避難ゲームと題し、
子供たちが津波に扮した高校生ボランティアからプラロードの高台(6段積、約75cm)に逃げるというゲームをしました。

ファイル 71-3.jpg
この高台に子供たちが逃げます。

ファイル 71-4.jpg
最後にみんなで記念撮影

中京テレビ様のニュースで取り上げて頂きました。
http://www.news24.jp/nnn/news86229802.html

毎日新聞様の朝刊にて掲載して頂きました。
http://mainichi.jp/articles/20160508/ddl/k23/040/163000c

戸田川緑地様のホームページにも掲載されました。
http://todagawa-staff.sblo.jp/archives/20160507-1.html

(一社)愛知県建設業協会様のホームページにも掲載されました。
http://www.aikenkyo.or.jp/00data/associ_info/associ_info-0375/index.html

(一社)名古屋建設業協会様のホームページにも掲載されました。
http://meikenkyou.or.jp/topics/diary.cgi?no=120

関係者の方々、大変お世話になりました。
子どもたちの笑顔が最高でした。