記事一覧

軽量盛土材としてクロスウエーブを施工致しました。

愛知県尾張農林水産事務所様発注の水環境整備事業 萱津地区 その1工事にてクロスウエーブが軽量盛土材として採用されました。
工事場所はあま市下萱津地内です。
この工事は遊歩道を作るために盛土をしなくてはならないのですが、下に管があるため通常の盛土では土圧に耐えられないとの事で軽量盛土材としてクロスウエーブが使用されました。
横断管の関係で21ブロックの分割施工と大変苦労致しましたが無事工事を終える事が出来ました。皆様誠に有難う御座いました。

ファイル 28-1.jpg
施工状況

ファイル 28-2.jpg
スペンサー設置完了

ファイル 28-3.jpg
透水シート設置完了

クロスウエーブはいろいろな場面でお客様のお役に立てる商品で御座います。益々のご用命をお願い申し上げます。

クロスウエーブを施工致しました。

大阪府八尾市様発注の
流域貯留浸透施設整備事業(天王寺公園)にてプラスチック貯留槽クロスウエーブを施工致しました。
工事場所は大阪府八尾市天王寺屋四丁目です。
面積240m2、高さ1.515mで
(CW-H 8段積)363.6m3
ファイル 27-1.jpg
組立状況

ファイル 27-2.jpg
設置完了

ファイル 27-3.jpg
EPSブロック(発砲スチロール)設置完了

ファイル 27-4.jpg
遮水シート熱溶着機(ライスター)を使用します。

クロスウエーブを施工致しました。

東海市都市建設部様発注の
雨水貯留施設整備工事のプラスチック貯留槽クロスウエーブを施工致しました。
工事場所は東海市名和町の名和保育園の南です。
面積750m2、高さ0.775mで
(CW-H 4段積)581m3
ファイル 19-1.jpg 組立状況

ファイル 19-3.jpg設置完了

プラスチック製地下貯留資材の工期短縮のメリットが発揮されました。

ページ移動