記事一覧

名古屋港湾空港技術調査事務所 第11回民間技術交流会にてプラロードを紹介致しました。

平成27年2月19日、国土交通省中部地方整備局丸の内庁舎にて国土交通省中部地方整備局名古屋港湾空港技術調査事務所様の第11回民間技術交流会にて軟弱地盤上の仮設道路プラロード工法のご説明をさせて頂きました。

ファイル 44-1.jpg
名古屋港湾空港技術調査事務所 岡崎稔彦所長様のご挨拶

ファイル 44-2.jpg
40名程の参加者が熱心にご聴講頂きました
積極的なご質問も頂戴し、
・災害時液状化した時に使用できるか
・どの程度の軟弱地盤で使えるか等のご質問を頂きました。
現在、ため池等の軟弱地盤(N値1以下)でも使用できるのではないかと検討中で御座います。
最後に小椋調整官様が2年後には設計に本日発表新技術を1件でも採用できる様にとお話いただき大変勇気づけられました。
関係者の方々大変お世話になり有難う御座いました。

発表内容につきましては
名古屋港湾空港技術調査事務所
の民間技術交流会タブ
の説明技術一覧表をご覧ください。

プラロードが中部経済新聞に掲載されました。

2月5日付け中部経済新聞にプラロードが掲載されました。

ファイル 43-1.jpg

マンションの建築現場での内容となりました。
取材いただいた新聞社様並びに記者様、誠に有難う御座いました。

皆様の反響も上々で
益々、お役に立てればと思っております。

レンタルのご用命を何卒宜しくお願い申し上げます。

犬山市にてクロスウエーブを施工致しました。

犬山市様発注の
雨水貯留施設設置工事(五郎丸第二排水区)にてプラスチック貯留槽クロスウエーブを施工致しました。
工事場所は犬山市大字橋爪字止々馬木地内です。
面積334m2、高さ2.543m(CW22段積)
貯留量849.5m3

ファイル 42-1.jpg
組立状況

ファイル 42-2.jpg
設置完了です。

ファイル 42-3.jpg
シート設置完了です。

今回の現場は住宅街の中にあり、面積の狭い場所に貯留量を確保するため
高さが22段積となりました。
犬山市の関係者の皆様、元請企業の皆様はじめ関係者の方々
大変お世話になり有難う御座いました。

愛知県農業土木研究会の研修会にてプラロードを紹介致しました。

平成26年12月4日グリーンパレス春日井にて、愛知県農業土木研究会名古屋支部様並びに愛知県農業土木測量設計技術研究所様主催の平成26年度合同現地研修会にて軟弱地盤上の仮設道路プラロード工法のご説明の機会を得ることが出来ました。
ファイル 41-1.jpg
愛知県尾張農林水産事務所 伊藤和己 建設課長 様のご挨拶

ファイル 41-2.jpg
尾張農林水産事務所様11名
土木研究会様37名
土木測量設計技術研究会様27名 のご参加を頂きました。


ファイル 41-3.jpg
皆様大変熱心にご聴講頂きました。
旧知の方もたくさんいらっしゃりプラロードも前進してきたと感じました。
農業土木の技術者の方々にはお役に立てる商品であると思っております。

関係者の方々には大変お世話になりました。
プラロード益々のご用命を何卒宜しくお願い致します。

吉根中学校新築工事にてクロスウェーブを施工致しました。

名古屋市住宅都市局様発注の
名古屋市守山区の吉根中学校新築工事でプラスチック貯留槽クロスウエーブを施工致しました。
工事場所は名古屋市守山区笹ヶ根101~103番です。
面積20×31=620m2、高さ0.59m(CW 3段積)を2槽作ります。
総貯留量は731.6m3

ファイル 40-3.jpg
ファイル 40-1.jpg
ファイル 40-2.jpg

プラスチック製地下貯留資材は
施工スピードが早く工期短縮にぴったりです。
元請企業様はじめ関係者の方々大変お世話になり有難う御座いました。