記事一覧

愛知県海部農林水産事務所の土木工事でプラロードが採用されました。

愛知県農林水産部海部農林水産事務所様発注の
特定農業用管水路特別対策事業 立田地区 用水路工その1工事にて水田などの軟弱地盤に最適な仮設道路プラロードが採用されました。
工事場所は愛西市立田町及び森川町地内。
農業用水管の入替工事です。
大有コンクリート工業株式会社立田工場が現場付近にあり
大型車を迂回させるためにプラロード2段積226mと5段積20m他が使用されました。

ファイル 88-1.jpg
着手前です。かなり水が溜まっています。

ファイル 88-2.jpg
プラロード設置完了です。

ファイル 88-3.jpg
大型車の通行がかなりあったとお聞きしました。
最終部は高低差があり5段積(63cm)となりました。
土木シートを写真の様に巻き込んで頂くと撤去時きれいに返却出来ます。

ファイル 88-4.jpg
撤去後です。整地作業ほとんどいらなかったとお聞きしました。

今回、プラロードは盛土からの設計変更となりました。
採用頂きました施工会社の皆様方並びに発注者の皆様方、大変お世話になり有難う御座いました。

先日の海部農業土木研究会合同研修会のプレゼン発表でもこの現場をご紹介致しました。
重ねて厚く御礼申し上げます。

現場担当者様からも高く評価して頂く事が出来ました事、大変うれしく思います。
プラロードへの皆様方の期待は段々高まって参りました。
益々のご用命を何卒宜しくお願い申し上げます。