記事一覧

東海農政局の工事にてプラロードが採用されました。

東海農政局新濃尾農地防災事務所様発注の
平成26年度新濃尾(二期)地区
宮田導水路畑地かんがい用水路その2工事
にて水田に最適な仮設道路プラロードが採用されました。
工事場所は丹羽郡扶桑町及び江南市地内です。

この工事はボックスカルバートの中に管を布設する工事です。
管を布設するにあたり管の切り回しが必要となり延長900m仮管を設置します。
当初設計では管台は土のう積となっておりましたが、
土のうを撤去するのに大変な労力がかかるとの事で
プラロードが採用されました。

ファイル 61-1.jpg
この延長を土のう撤去すると思うとぞっとします。
プラロードなら軽くて撤去が楽ちん。


ファイル 61-2.jpg
仮管がプラロードにしっかり乗っております。


採用していただきました関係者の皆様
すばらいアイデアを頂戴し誠に有難う御座いました。

皆様方プロの目から見た斬新な使用方法が御座いましたら
ご教授を何卒宜しくお願い申し上げます。