記事一覧

東海環状自動車道の工事にてプラロードが採用されました。

中部地方整備局 岐阜国道事務所様発注の
東海環状自動車道の橋梁工事にて橋梁の資材置場として
水田に最適な仮設道路プラロード工法が採用されました。
三角形の土地に1466m2(2段積)敷設致しました。

ファイル 60-1.jpg
着手前です。これ位の切株ならそのまま敷設で大丈夫です。

ファイル 60-2.jpg
敷設状況です。

ファイル 60-3.jpg
当日雪が降りましたが敷設が可能です。


敷設の動画はこちら
https://youtu.be/62bGiag--qg


ファイル 60-4.jpg
鉄板とフェンスの設置し完了です。

ご採用頂きました皆様方、誠に有難う御座いました。
東海環状自動車道の工事は今後益々続きますので
皆様方の益々のご用命をお願い申し上げます。